ハウスオブハウス

Latest Info

令和二年

1

構造計算

構造計算

地震による倒壊0件の実績。
日本で最も構造計算されている木造ラーメン構法。
地震・風などの自然災害にも耐えうる理想的な構造を設計するため、耐震構法SE構では構造計算により、家の強さを証明しています。

more ▶︎

2

集成材・SE金物・Sボルト

集成材

木材は人に優しい素晴らしい材料ですが、自然素材のため乾燥収縮による割れや反り、ネジレ、強度的にばらつきがあるなどの欠点があるのも事実です。
そこで、構造部材はすべての欠点を解決した、構造用集成材(オウシュウアカマツ)を標準とし、柱は120mm角・170mm角を基本としています。 そして、計画伐採された原木を使用している証明である「PEFC-CoC認証」を取得し、環境面にも配慮しています。

more ▶︎
SE金物

SE構法の接合部は、SE金物を採用しています。主要な柱の脚部は、柱脚金物に3本のドリフトピンφ16mmで固定。柱と梁の接合部はセンタースリット式で断面欠損が少ない金物となっています。
SE金物のリングジベルは、小さなクリアランスで、高い精度を確保。さらに強度を保つため、自動車のシャーシ等に用いられているカチオン電着塗装でコーティングし、工業化住宅性能認定の基準をクリアー。錆対策も万全です。

more ▶︎
Sボルト

地震時において、さらなる安全性を確保するために、SE構法では業界で初めて、全棟Sボルトを採用しています。
これは、従来の金物工法の欠点を克服するために開発された特殊なボルトです。表面に凹凸加工を施し、木材にねじ込むことによって、引張剛性を格段に向上させました。通常のボルトの2倍の強さを持つこのSボルトと高強度のSE金物の組み合わせにより、ラーメン構造を実現しています。

more ▶︎

3

木造建築物の可能性を広げるデザイン

木造建築物の可能性を広げるデザインイメージ

他の木造金物工法で技術的には可能であっても、デザイン面への制約がどうしても出てしまいがちな様々な点を、耐震構法SE構法は、技術面からサポートしていることから、「ビルトインガレージ」・「狭小3階建」・「屋上利用」・「勾配天井」・「スキップフロア」など、デザイン性にも優れた木造建築物を可能にします。

more ▶︎

4

安心・安全のための詳細なマニュアルで
厳密に監理

安心・安全のための詳細なマニュアル

SE構法には、導入段階や構造の計画段階、そして、施工や品質管理など各段階において、きめ細かく規定されたマニュアルが存在します。さらに、施工現場では構造部材に添付された取扱説明書に従って施工を進め、主要工程ではSE構法の定める品質基準を満たしているかをSE構法施工管理技士が厳しく監理します。

more ▶︎

5

最大20年の構造性能保証

安心・安全のための詳細なマニュアル

SE構法では、安全性を担保した構造躯体に対して「SE住宅性能保証書」を全棟発行しています。
SE住宅性能保証制度は、基礎と構造躯体、金物が原因で住宅の損傷が起きた場合、SE構法が登録施工店を通じて、お客様の住宅を保証するという制度です。完成引き渡しから10年間無償保証。10年経過後に指定された検査メンテナンスを行うことにより、さらに10年間の保証延長が可能です。

more ▶︎
耐震構法・SE構法
▲TOP